マイナスが送料無料でなくてもお買い得な価格♪

書かれた時代は、古いのですが、自分の知らない昭和初期の日本が、映像として想像できる描写は、読んでいて飽きずに、引き込まれます。紹介文で持ったイメージと内容はちょっと違いましたが面白かったです。高校生の時!「タイムマシンの作り方」を読んで以来の広瀬作品です。

3月29日 おすすめ!

2017年03月29日 ランキング上位商品↑

マイナスマイナス・ゼロ改訂新版 [ 広瀬正 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

昭和初期から戦中・戦後!タイムマシン!タイムパラドックス…このあたりが好きな方には猛烈にオススメできる本です。今回文庫でしたが復刊されて手元に持つことができて嬉しいです。展開は速いし、ストーリーもよく出来ており、思っていた以上に面白かったです。ただこの面白さは!読んだ人としか共有できないような面白さですね。そんな気軽さもありつつ!ぐいぐい読める小説でした。タイムマシン物って!どこかしっくりこないストーリーが多いのですが!これは…!!是非たくさんの人に読んでもらいたいです。私もドーム型の家、住んでみたいなーすっごく面白かったです。タイム・マシン物は数々あれど、広瀬正さんパラドックスを巧く料理しています。でも、全体的にややちょっと子供向きかな、と思う感じもあるので本格的なミステリー好きには物足りないかもしれません。)広瀬正さんの本は本当に大好きで、図書館で昔読んで以来大ファンです。新聞の書評を参考に購入したのですが!正解でした。ラストの方の内容が!無理がある感じでしたが空想小説だからOKでしょう。普通この程度の本なら電車の往復2回で読み飛ばせるのに!途中で寝てしまっている・・・おそらく!リズムが少し私にはかったるいのです。(その点では、少しLOSTに通じるように思います。結構オススメです。厚みがわりとあるので読み応えもあり!この作者のほかの本も読んでみたくなるような感じでした。できれば単行本でだしてほしかったですが...それだけマイナス☆1つ広瀬正著の「マイナス・ゼロ」です。書評で評判が良かったので購入しましたが!おもしろいけれど思ったほど乗らない。まだ読破していませんが!楽しみながら読んでいます!早く読み切って!余韻に浸りたいです広瀬正のこの本がいつか読みたかったので!復刊されて良かったです。読みます。他の作品も読みたい。宮部みゆきの「蒲生邸事件」なんかが好きな人にも「おおっ」と思わせるような感じがあちらこちらに仕組まれています。。昭和初期の風俗にノスタルジーを感じるには!もう少し年上の方のほうが興味を持って読めるのかもしれません。SF作家としてお勧めです。